三菱自動車といえばパジェロのイメージが強いですが、街乗りならこのアウトランダーが断然使いやすいですね。

押し出し感は控えめでわりと品のあるフロントデザインです。環境イメージを強くしているのが伝わります。PHEVモデルもアウトランダーの主力製品となっていますから。

三菱自動車のロゴマークも控えめでしょうか。あまり街で見かけても気にならない、うまく溶けこんでいますね。

こういうクルマが長年乗り続けても飽きがこず、デザインの古さを感じさせにくい。とにかく一つのクルマを長く乗るのがコストパフォーマンス的にも良いことが多いですから、好感が持てます。

SUVモデルながらラゲッジの広さも十分です。もちろんこれだけの車体サイズですから、後席居住性も問題ありません。

こちらはパジェロですね。これも基本設計は古いですが、これぞパジェロといった前方デザインで、長く乗っててもかっこよいです。

このアングルからのパジェロは、なかなか堅牢性を感じられてよいです。

セダン好きの中国市場ですから、ランサーもラインアップされています。ただし、中国人の好みはもっと派手顔ではないでしょうか。素朴なスポーツセダンはウケるのでしょうか。

こういうクールなクルマにこそ、良いファンがついています。しかし、やっぱり地味ですね。廃番となってしまったのがわかります。

ランエボの最終モデルか、あるいは最後の方のモデルですね。なかなかの面構えです。シングルフレームグリルもカッコいいですね。

コペンのオープン開閉時間

三菱自動車はパジェロで復権できるか

三菱自動車はSUVで販売力強化

オーリスはトヨタをどう変えたか

三菱自動車は日産から支援を受け続けるのか

三菱自動車はランエボを復活させるのか

A1はアウディにとって本当に必要なモデルか

三菱自動車の代表モデルはパジェロ

三菱自動車のアウトランダーPHEVがすごい

アルトのフルモデルチェンジで失ったもの得たもの

三菱自動車の電動化技術

三菱自動車ブランドイメージの凋落

インプレッサで街中をドライブしてみた

三菱自動車を今どき乗っている人

海外での三菱自動車の評価